コリドー街

コリドー街にひとり男だけで歩いてみた【出会いの聖地なのか検証】

コリドー街で男ひとり
セイジ
セイジ
どうも『コリドー街大好き』セイジです

・男ひとりでも出会えるの!?

・コリドー街って逆ナンされる?

・実際どんな感じか

こんな疑問に全力で答えていく。

結果から言えば、

男ひとりでコリドー街を歩くのは基本的にはおすすめしない

しかし、それでも持ち帰りor”ひと夏の恋”ををすることは十分可能だ。

その理由を記事の後半でこっそり紹介する。

サクっとコリドー街に行った気分になってみてみよう。

コリドー街にひとり男だけいる人の特徴

コリドー街にひとり男だけいる人の特徴

新橋が近いこともあり、

仕事の終わりの男性が多い。

ひとりの人も、

きっと近くに相方がいるっぽい人もいる。

今回は明らかに

ひとりで来ている男性に絞って観察してみた。

一体どんな目的で出会いの聖地、

コリドー街に来ているのだろうか。

リュックサックのオタク系男性

まるで電車男かと、思うような風貌の男性が意外とひとりでいる。

絶対ナンパ成功しないだろうと、

思いながら、声かけもせず、

300BARから出てきた。

残念ながら、女性からの目線は冷たい。

あの人は無理でしょ~

ときっと女性なら言うだろう。

せめて頭にねじりバンダナは、

ここでは辞めた方がいい。

しかし、キャラを活かして

誰かに声かけさえ代行してもらえれば

インパクトはでかい。

実は私もアニメ好きで、、、

なんてことも大いにありえる。

スラっと長身の雰囲気イケメン男

イケメン男

意外とコリドー街を歩いていると、

そういったイケメン男性を見かける。

目線を見ると、完全に品定めをするチーターのようだったので、

おそらくナンパだろう。

しかし実際に声かけして、ナンパしているのは半分ぐらいだ。

残りは自分から全く動かない。

おそらく地蔵(声かけできずに固まる男性のこと)なのだろう。

さとみちゃん
さとみちゃん
それってもしかして逆ナン待ちじゃない!?
逆ナン
逆ナンされたい!!という野望をかなえる3つの方法【逆ナン女性にインタビュー】 こんな疑問や希望に答えていく。 この記事を読めば、 男の夢である『逆ナン』をされる 可能性がグッと上が...

<追記>

極度のイケメンであれば、逆ナンは実際にあるとのこと。

医療関係の女性26歳より、逆ナンしたエピソードを聞いた。

あなたがもし、坂口健太郎似のイケメンであれば、

逆ナンをされにひとりでコリドー街に行くのも面白いだろう。

40代の高級スーツのおじさん

40代のスーツおじさん

意外と”おひとり様のおじさん”が少数であるがいる。

あの石田純一のような軽やかな足取りと、

レディーファーストな対応は

すべての男性が学ぶべきだと感じた。

盛り上げ上手なこと、

あれは女性が話を聞き入ってしまうのも無理はない。

年齢差でいえば、10歳から20歳ぐらいあるはずだ。

ナンパが上手ければ、歳の差関係なく出会いが見つかる

これがコリドー街なのだろう。

コリドー街にひとり男だけで歩いてみた

セイジ
セイジ
どうも、『誠実ナンパ講師』セイジです。

とはいえ、今回は1人で、ナンパ初心者設定でコリドー街を散策してみた。

土曜の20時から22時頃までひとりで何往復もしてみた。

ひとりでいれば、万が一にも、色気ある女性から

逆ナンされるかもしれない。

そんな淡い気持ちを抱きながら

僕は歩き続けた。


驚いたのが、

土曜の20時半ごろは、女性の方が多いのだ!!

ナンパする男がまだ少ない。

次の店を悩む様子もあったので、声かけすれば、

デートにはいける。

金銭的に余裕のある男性はこの時間帯から、

1組目を口説くのがいいだろう。

せっかくコリドー街に来たのでここらで

有名な出会いのバー

“300BAR”へ入ってみた。

平日であればまだ混んでいない21時頃も、

土曜であれば話は変わる。

男女比は6:4で人数も多い。

素晴らしいコリドー街。

こんな出会いのスポットが

たった1杯300円で飲めるのだ。

参考までに、“300BAR”へ潜入した記事はこちら。

300BARという"ナンパ成功率120%"銀座の名所にいってみた こんな疑問に答えていく。 この記事を読めば 300BARで可愛い女性と話せる!! そして、"デートに行...

続いて、333(トリプルスリー)に行ってみた。(←女性に撮ってもらった)

あのマツコ会議で特集された店だ。


300BARと違い、少しクラブっぽく、

男性も女性もチャラい。

僕はイケイケ系が苦手なので、好きではないが、

EDM好きで、お酒が強い人にはもってこいの場所だ。

“333(トリプルスリー)”に潜入した記事はこちら。

銀座の333
銀座の"333"という出会いの聖地【トリプルスリーへ行ってみた】 こんな疑問に答えていく。 この記事を読めば 333(トリプルスリー)へ行った気分になれる!! 結果、 ...

ちなみにここまで

逆ナンは一切ない。

その前兆もない。

何人かの女性と話したが、

全員が出会いを求めてコリドー街に来ている。

しかし女性は、逆ナンしなくても、大量の男が寄ってくるので

声をかける必要がないのだ。

あー僕が今フリーならば、、、ナンパ無双できるのに笑

と頭をかすめながらも、ひとり寂しくコリドー街を歩き続けた。

次第に終電を近づいてきてか、男女が夜の小道へと消えていく。

そんな観察していたら、時間は終電を超えていた。

ここまで来ると、男女のペアがほぼ決まってくる。

どのバーにいっても、既に“仕上がったカップル”になっている。

勝負を決めるのであれば、終電前に相手をロックオンするのがベターだ。

僕は途中、色々な女性と話していたので、ロックしなかった。

渋谷や新宿であれば、ホテルも近く、即(その日のうちにセックスする)

みたいなことも多いが、銀座コリドー街ではほぼない。

理由はシンプルで

ラブホテルがないからだ。

あなたがひとりで即を狙うのであれば、コリドー街は難しい。

タクシーを使うにしても家から2,30分のところに家がある必要があり、

車内でお酒が抜けてしまい、冷めるなんていうリスクもある。

今回の僕は、ひとりなので、

終電逃し、ナンパに敗北したつもりで、

コリドー街を歩き続けた。


これが終電後のコリドー街だ。

雨が降ってきたので終電後

再度”300BAR”に行ってみた。

300BARの様子

そこには30人以上の人たちが残っていた。

意外と女性も3割以上いる。

しかし、男女のカップルはほぼ決まっているので、

凄腕ナンパ師でない限りは、略奪は難しいだろう。

一度地蔵になれば、負のスパイラルで、

地蔵になり続けるしかない。

そうこうしているうちに、女性は1組、2組と夜のコリドー街へ消えていく。

深夜1時を越えてくると、残念な男性陣が立ち尽くしている。

敗北感が半端ない。

はやり、コリドー街は終電までに勝負をつけないと辛い

余談として、僕の終電後の敗北感を共有する。

終電がないので、作業ができるマックを探した。

しかし、、、、


残念ながら、深夜は閉まっている。

座ることすらできない。

24時間やっているカフェもあるはずがなく、

途方に暮れる。

そこで最後に出会ったのが、“やよい軒”である。


最高に旨かった。

このナンパ敗北感に染み渡る味がした。

こんな敗北感を体験しないように、ひとりでコリドー街にいき、

終電を逃すのは絶対にやめておきましょう。

ひとりは非常に寂しい。

コリドー街にひとりでいるデメリット

コリドー街にひとりでいるデメリット

基本的にひとり焼肉行けるほど、

1人でいることは耐性がある。

しかしコリドー街では違った。

コリドー街にひとりは寂しい

これはみんなに共通して言えることなのだが、

男女のリア充グループが出たり入ったりする

状況で、男ひとりでコリドー街にいるのは非常に寂しい。

楽しそうにナンパの駆け引きをやっているのを見ると、

純粋に羨ましい。

ナンパの相手が1人女性に縛られる

女性2人

コリドー街を歩く女性の8割以上が2,3人組である。

声かけであれば、問題なくできるが、

その後が難しい。

そういった時に、ンパ仲間がいると心強い

僕はよく、2,3人の同期とそれぞれナンパしにいって、

女性がつかまれば人数に合わせて合流したりもしていた。

もちろん、ひとりで2,3人をバーに連れてって、

知らない男性たちと一緒に飲むこともできる。

しかし、最初にはそれは難しい。

コリドー街のひとりでいる男の口コミ


女性もひとりではいませんね汗 帰り道にしても、お店の店員が多い。


女の子ひとりでは間違いなく、声かけられる。

女友達と2人でコリドー街を歩いた際は

少し離れただけ男性が寄るほどだ。

万が一にもカップルで通る際は、

嫉妬に使うのは辞めておこう。

まとめ

いかがだったでしょうか。

コリドー街にひとりで行くのはおすすめしない理由が

共感できたら幸いである。

ナンパを同行も可能なので、いつでも連絡くれればと思う。

大好きな嫁を悲しませることが出来ないので

徹底的に僕はあなたのアシストをするだろう。

 

以上、誠実セイジでした。

あなたも”ナンパ”を始めてみませんか?

最近出会いないな~

本当にナンパって成功するの?

実際に直接教えてほしい

そんな疑問・悩みはこれ1つで全て解決!
\無料で公開中/

セイジのLOVE学